京都で唯一「ホテル・旅行・ブライダル」の専門学校

電話番号
入学案内(平日9:00~17:00)

資格はめざすだけじゃない!
取得するから、就職に役立つ!
旅行学科でめざす
資格・検定

旅行学科資格検定対策

旅行会社の1つの営業所において、有資格者が最低1人は必要とされている資格 [国家資格] 国内旅行業務取扱管理者

在学中合格率
83.3%
(全国平均 32.1%)
※2016年実績

合格率TOPレベルの秘密は授業にある!授業が試験対策になっているので、しっかり受ければ合格につながります。

1次学科試験対策HRS特講Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

旅行管理者対策Ⅰ・Ⅱ 国内管理者①~⑤

旅行業法や旅行業約款、JR運賃料金、官公吏地などの試験科目をトータルに学習。さらに過去問題の傾向と対策を取り入れた特別授業や模擬試験も実施します。

2次実技試験対策F&Bサービス演習Ⅰ・Ⅱ

総合管理者対策Ⅰ・Ⅱ 総合管理者①~④

出入国法令や海外地理、国際航空運賃計算、語学などを中心に学習。基礎知識を身に着けた後はさらに受験全科目の復習と模擬試験でレベルアップ。旅行コースは受験必須の資格です。

ツアーコンダクターとして国内添乗に必要な資格 国内旅程管理主任者

在学中取得率
100%
試験対策ホテル実務検定特講

試験対策
ツアーコンダクター実務

学校内での基礎研修、指定企業での研修、試験を受け、合格後に実務経験を経て資格を取得。授業ではツアーの流れや添乗員の仕事などの基本を学び、さらにはバスをチャーターしての添乗実習なども行います。

国際線の航空券予約の実務能力を審査 AXESS実用検定(国際線)

合格率
92.9%
(全国平均90.4%)※2016年度実績
試験対策マナー・プロトコール検定特講

試験対策
AXESS演習Ⅰ・Ⅱ ・Ⅲ

旅行総合コンピュータシステム「AXESS」の操作実習を通じて、1年生後期で国内線航空機予約業務の基礎知識と操作の基本を学習し、AXESS実用検定の全員合格をめざします。

倍率10倍以上の難関資格! 京都市認定通訳ガイド

北野天満宮の写真
学生3人の写真

全学科対象
京都市認定通訳ガイド育成基礎研修

外国語で京都の奥深い魅力を伝えることができる、京都市独自の通訳ガイド「京都市ビジターホスト」の育成研修です。京都の歴史や史跡などの一般的な京都の知識に加え、ガイドスキルや礼儀、おもてなしの精神についてなど幅広い分野を学習します。第1期生となる2016年度は、キャリエールから3名の通訳ガイドが誕生しました。

その他めざせる資格
  • 総合旅行業務取扱管理者[国家資格]
  • 国内旅行地理検定
  • 海外旅行地理検定
  • 総合旅程管理主任者[公的資格]
  • 観光英語検定
  • アマデウスシステム検定
  • 京都・観光文化検定
  • 実用英語技能検定[公的資格]
  • TOEIC
  • TOFEL
  • サービス接遇実務検定[公的資格]
  • ビジネス能力検定[公的資格]
  • 日商PC検定[公的資格]
  • ビジネス情報処理活用能力検定
  • 日本漢字能力検定[公的資格]
  • 秘書技能検定[公的資格]
  • ビジネス文書技能検定
  • EFR救急措置法ライセンス
  • 手話技能検定
  • インターネット旅行情報士 など

合格者の声

dummy

9個の資格取得!

  • 旅行地理検定(海外)(2級)
  • 旅行地理検定(国内)(3級)
  • 国内旅行業務取扱管理者試験
  • 総合旅行業務取扱管理者試験
  • 観光英語検定(3級)
  • AXESS実用検定(国内)(3級)
  • AXESS実用検定(国際)(3級)
ツアープランナーコース
小室 瑛里さん(山梨県/甲府西高校出身)

多くの資格を取得しようと思ったきっかけは、旅行業界の様々な分野で活躍出来る専門知識を身につけたかったからです。どの資格も就職後役立つ内容のため積極的に挑戦しました。特に1年生の秋に受験した国家試験の勉強では、旅行学科全員で合格に向けて気持ちを一つに頑張りました。今後は得意の海外地理を活かして世界遺産検定に挑戦したいです!


dummy

10個の資格取得!

  • 国内旅行業務取扱管理者試験
  • 総合旅行業務取扱管理者試験
  • AXESS実用検定(国際)(3級)
  • AXESS実用検定(国内)(3級)
  • 旅行地理検定(国内)(3級、4級)
  • 観光英語検定(3級)
  • アマデウスシステム検定(初級)
  • サービス接遇実務検定(準1級、2級)
ツアープランナーコース
矢野 千秋さん(香川県/観音寺中央高校出身)

キャリエールは資格についての案内やサポートがしっかりしているので、いつの間にか資格が取れていて、正直驚いています。資格は取得して終わりでなく、卒業後の仕事や日常生活できちんと活かしていきたいです。

TOPに戻る