TOP

ごあいさつ

学校長紹介

人を幸せにするホスピタリティ教育を
目指して

校長 楠井 秀和

キャリエールホテル旅行専門学校
校長 楠井 秀和

キャリエールホテル旅行専門学校は、世界に誇る日本の「文化首都」である「京都」の都市格の向上に貢献する、実学中心のホスピタリティ教育を基軸としたホテル、旅行、そしてブライダル産業における職業人養成の総合教育機関です。

ご承知のとおり我が国では、2006年12月に約半世紀ぶりに観光基本法が全面的に改正され、新たに「観光立国推進基本法」が2007年1月から施行されました。さらに同年6月には観光立国推進のための施策として「観光立国推進基本計画」が策定され、観光立国の実現に向けて具体的な数値目標が定められました。 これを受けて本校では、政府が推進するビジット・ジャパン・キャンペーン等の観光に関する諸施策に積極的に貢献するひとづくりを行なうとともに、世界に通じるホスピタリティ教育とスペシャリスト育成に邁進するとともに、我が国のホスピタリティ産業の発展と質的向上に貢献する専門学校ならではの職業型実学教育の充実を図ってまいります。

また、本校では職業教育を通じて、学生一人ひとりが夢と希望をもって自らの未来を能動的に切り開く能力と人としての魅力を兼ね備えた「人間力」の醸成に力点をおいています。そして、学んだ知識や技能を活用して、お客様の満足度を高め顧客に奉仕することにやり甲斐と喜びを感じるホスピタリティ・マインドを習得し、その心を素直に身体で表現する豊かな情操を育む教育を目指しています。

ホテル学科では、国家資格であるレストランサービス技能士の日本一の合格実績を目指すとともに、フロントロビーからホテル宿泊実務演習室まで他に類を見ない宿泊系実習施設の導線をフルに活用して、即戦力となる宿泊サービスの実務力を習得します。また、豊富なコレクションを備えたワインセラー、ワイン&スピリッツ実習室、レストラン実務実習室を活用してソムリエバーテンダーの専門職をはじめ料飲サービスのスペシャリストの人材育成をはじめ、語学力を兼ね備えた世界に通じるホテルサービスを提供できる国際感覚豊かなホテリエの養成を目指します。

さらに旅行学科では、国家試験である旅行業務取扱管理者の日本一の合格実績を目指すとともに、ツアープランニング実習室や旅行セールス実習室を活用してプランニングからセールス、添乗に至るまで実務に精通して企業や業界の発展に貢献できる旅のプロの養成を目指します。

また、ブライダル学科は、スタイリスト、プランナー、ブライダルの3つのコースを設定し、本校独自の充実したユニークなカリキュラムで、ブライダル実習室やフラワーアレンジメント実習室を活用して、人の幸せをトータルにコーディネートできるウェディングとブライダルビジネスのプロの養成を目指します。

そして、各学科ともに、講義と実習演習の整合性を強化し、授業と実務を一体化した産学連携によるインターンシップや学外研修プログラムの充実に力を注ぎます。これにより、学校で学んだ専門知識、技能、職業観を実際の現場で活用、または応用し、実務経験を通じてこれらを統合する能力のさらなる向上を目指します。また、学生の「学ぶ力」を高め、「考える力」を養い、その上で最後までやり抜く「実行力」を向上させて、これら3つの力のバランスが取れた立派な職業人を養成することにチャレンジします。さらに、卒業研究の積極的な取り組みを通じて学生の論理的思考力を高め、卒業後に就職先事業所の様々な課題にソリューションを提案できるスペシャリストの育成を目指します。

結びに、本校のWEBサイトが、次代のホスピタリティ産業を担うホテル、旅行分野、ブライダルのスペシャリストを目指す皆さまの進路及び進学選択の一助となりますことを願っております。

学校運営メンバー

ホテル学科長 奥山 勉

ホテル学科長
奥山 勉

旅行学科長 髙尾 勝義

旅行学科長
髙尾 勝義

ブライダル学科長 辻 智子

ブライダル学科長
辻 智子

就職部 部長 鈴木 ゆか

就職部 部長
鈴木 ゆか

広報渉外部 部長 畑中 久美子

広報渉外部 部長
畑中 久美子

ホテル学科 主任 槇塚 康直

ホテル学科 主任
槇塚 康直

教務部 次長  丸岡 文有

教務部 次長
丸岡 文有

学園理念

建学の精神
人の和の広がりを大きくし、もって人類の福祉増進に寄与する
学園の使命
広く世界に目を向けた職業と実際生活に必要な教育を通じて、生涯学習社会の一翼を担い、豊かな社会と文化の創造に貢献する
教育綱領(人間的な能力を高めるための学園共通の教育的視点)
  1. 真理を愛し、創造性を豊かにする
  2. 義務と責任を果たし、社会性を養う
  3. 清潔を尊び、礼節をわきまえた人格形成に努める
  4. 異なりを認め合い、相互に敬愛する