総合旅程管理主任者

総合旅程管理主任者とは

総合旅程管理主任者

海外旅行のツアーコンダクターになるために必要な資格。

国内および海外の添乗ガイドを行うために必要な資格。国内旅程管理主任者と同様に研修(指定研修は4日間)と試験を受け、海外での実務経験を経て取得できます。

この資格を取得するには、国土交通大臣の認可を受けた研修期間が行う旅程管理研修を受け、なおかつ所定の海外添乗実務経験を有することが必要です。ある海外旅行の企画において複数の添乗員がいる場合でも、総合旅程管理主任者資格を保有する添乗員の同行が義務づけられています。旅行会社には、企画旅行を円滑に実施するために国土交通省令で定められた措置(計画どおりのサービスを受けるための予約、手続き、また予定していたサービスが受けられない場合の代替サービス、団体行動のための的確な指示など=添乗業務)を行わなければならず、旅程管理主任者資格はこれらの業務を的確に行うための免許とも言えるものです。

受験資格・対象

18歳以上
※所定の研修期間での「基礎添乗業務研修」(公開講座・3日間)を受講・修了後、「総合旅程管理研修」(4日間)を受講・修了し、かつ海外での実務経験を経て取得が可能

【実務経験の積み方】
海外ツアーに参加して、協会もしくは会社の指定添乗員講師に以下の指導を受ける。
  • 実際のツアーに補助添乗員として同行する。
  • 登録会社の研修ツアーに参加して研修を受ける。
  • 協会主催の研修ツアーに参加して研修を受ける。
【資格取得のための添乗実務回数】
指定研修修了日の前後1年以内に1回以上、または指定研修修了日から3年以内に2回以上

検定に合格すると

総合旅程管理主任者資格の条件を満たした人には、社団法人日本添乗サービス協会、あるいは所属旅行会社の旅程管理主任者証が発行されます。添乗業務中にはこの旅程管理主任者証を携帯しなければならず、いつでも提示できる状態であることが義務付けられています。つまり、添乗員の運転免許証のようなものです。
複数の添乗員がいる旅程の場合、資格を持っている添乗員がいれば他の添乗員は資格は不要です。しかし海外旅行の多くで利用される飛行機で別便に分かれるケースのように、主任添乗員の指示を仰ぐことができない事態が想定される企画では、それぞれの添乗員に資格が求められます。そのため、海外での旅行業務に携わりたいと考えている人はぜひ取得したい資格です。

資格・検定
資格に強いキャリエール!
ホテル学科でめざす資格
旅行学科でめざす資格
ブライダル学科でめざす資格
キャリエールでめざす資格一覧
ライセンスプラン
  • ホテル学科
  • 旅行学科
  • ブライダル学科

ページトップへ

キャリエールをもっと知りたい!
ごあいさつ
就職実績
就職活動スケジュール
資格・検定
ライセンスプラン
大学編入プログラム
校舎・設備
キャリエールスクエア
講師紹介
職業実践専門課程
キャリエールのサポート
奨学金のサポート
教育訓練給付金
住居のサポート
アルバイトのサポート
キャリエールに入学するには
資料請求
募集要項 2016年度生
WEB出願
学費 2016年度生
AO入学
AO入学Webエントリー
進学相談会
大学・短大・専門学校・
社会人・一般の皆さまへ
留学生の皆さまへ
お問い合わせ
よくあるご質問 Q&A
問い合わせフォーム
アクセス
サイトマップ
キャリエールを体験しよう
オープンキャンパス Spring Ver.
体験入学
オープンキャンパス
ホテル見学フェスタ
旅行・観光フェスタ
ブライダル見学フェスタ
高校1・2年生の皆さんへ
個別学校見学
交通費一部支給キャンペーン・
宿泊費割引サービス
キャリエールの最新情報
What's New
キャンパスライフ
学生日記
キャリエールブログ
メールマガジン
内定者速報