京都ホテル観光ブライダル専門学校

【教員紹介】田中幹人副理事長校長(学校法人大和学園)

様々なイノベーションに取り組んでいる田中幹人副理事長校長の紹介です。

新型コロナウィルス感染症の拡大により我が国はもとより、世界中で様々な影響が及んでいます。

しかしながらこのような有事の際だからこそ、決して立ち止まらず、これまでにない着想でプラスの思考とともに業務に取り組んでいくことが重要だと考えています。

有事の際にこそ、イノベーションが生まれると信じています。

イノベーション事例①京都太秦TaiwaMuseum

京都太秦Taiwa MuseumのDX化

ぜひ一度来場下さい。https://taiwamuseum.kyoto.jp/

田中幹人副理事長校長

イノベーション事例②社会人の学び直しプログラム開発

京観校では、文部科学省の委託事業「専修学校リカレント教育総合推進プロジェクト」を受託し
「京都観光復活に寄与する観光人材のための産学連携リスタートプログラムの開発・実証事業」を
推進。
このプログラムは、専修学校と行政、企業が連携し、就職氷河期世代の非正規雇用者等の
キャリアアップを目的とした学び直し講座の開発・実証によって、自身のキャリア選択に応じて
必要となる学びを、だれもが受けられる機会の充実を図ることが目的となっています。
今回、京観校の職業教育の実績をベースに、企業・大学・行政等の有識者から意見を伺いながら、
ホテル観光業界の学び直しを促進すべく「2021年度リカレント教育プログラム」を構築しています。
ホテル等への就職を目指す就職氷河期世代の方に向けた、必要なスキルやホスピタリティマインドを学ぶ
プログラムで、宿泊部門やレストランにおける必要なスキルはもちろん、京都ならではの文化についても
学んでいただくことができます。
夜間のライブ配信に加え、24時間いつでも・どこでも学べるオンライン授業を取り入れ、忙しい方でも
受講可能です。

イノベーション事例③VRを活用した教育コンテンツの開発

グループ校ではVR技術を活用したコンテンツの開発に着手。
今後の展開に注目下さい。
田中幹人校長によるVRコンテンツ

イノベーション事例④taiwa流働き方改革

教職員の働き方改革にも着手。関西の学校法人としては初めての「えるぼし(最高位三ツ星)」認定を受けました。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000181.000071969.html

 

イノベーション事例⑤京の食路プロジェクト

趣きある京都の食文化を後世につなげるため、生産者や料理人、食を学ぶ学生などがタッグを組んで、食べるだけじゃない「体験」を提供。大和学園代表幹事によるプロジェクト。

https://kyonoshokuzi.jp/

CSV/SDGs お知らせ 先生紹介 授業・学科紹介