幅広い知識とスキルが身につく✨ダブルライセンスプランについて✍

大和学園への入学をお考えの皆様・大和学園の在校生、卒業生の皆様へ

ダブルライセンスプラン についてのご案内ぴかぴか (新しい)

 

広い知識とスキルを身につけたい在校生・卒業生をサポート手 (グー)大和学園が運営する4つの専門学校でのダブルライセンスプラン」が2020年4月からさらに充実しましたひらめき

 

卒業後に大和学園のグループ校内の他学科へ入学し、

幅広い知識・技術の修得を目指す

京都ホテル観光ブライダル専門学校

京都栄養医療専門学校

京都調理師専門学校

京都製菓製パン技術専門学校

の在校生または卒業生に対し、

✔入学選考時の検定料と入学金の免除

✔学費の減免(最大授業料全額)

などの支援(京都栄養医療専門学校管理栄養士科への進学は適応外)

を行います手 (グー)

 

総合学園である大和学園ならではのシステムですわーい (嬉しい顔)

 

 

京都ホテル観光ブライダル専門学校 ダブルライセンスプラン詳細はこちら

京都調理師専門学校 ダブルライセンスプラン詳細はこちら

京都製菓製パン技術専門学校 ダブルライセンスプラン詳細はこちら

 

ダブルライセンスプラン3つメリット✨

 

① 複数の資格が取得可能!!

幅広い知識と技能が身につくことで、活躍の場が広がり、就職にも有利となりますexclamation

 

京都ホテル観光ブライダル専門学校ホテル学科を卒業後、京都調理師専門学校調理師免許を取得してからホテルに就職する場合ホテルレストラン

 

ホテル+調理師の知識と技術が身についているため、レストランバンケットでの料飲サービスにおいて、お客様のあらゆる質問やリクエストにきめ細かに対応することができます指でOKさらに外食産業でも、ホテルレストランでシェフとして、腕を振るまえるなど、未来の活躍フィールドが広がりますレストラン

 

京都ホテル観光ブライダル専門学校ブライダル学科を卒業後、京都製菓製パン技術専門学校製菓衛生師免許を取得し、ブライダル企業へ就職した場合ショートケーキ💍

 

結婚式に欠かせないウエディングケーキデザートビュッフェについて、フルオーダーできめ細かい対応が可能になります。さらに、プランニングだけではなく、デザートも作れるオールマイティなスタッフになることができるので、就職のフィールドも拡大しまするんるん (音符)

 

② 2校目の入学試験・入学金が免除!!

在籍校校長からの推薦があれば、再入学試験は免除され、入学金も免除されますわーい (嬉しい顔)(京都栄養医療専門学校管理栄養士科への進学は同プラン対象外)

 

◎進学者に対して減免する2学科目以降の学費等は以下の通りです。

 

(1)2学科目の入学試験を免除し、入学検定料を免除

※栄養士科への進学者には入学検定料を免除するが選考は実施します。

 

(2)2学科目の学費の減免額は以下のとおりです。

 

ダブルライセンス【昼間部】進学奨学金A

減免する学費:入学金全額免除、授業料半額免除

対象年限:進学した学科の最短修業年限

採用人数:最高5名

ダブルライセンス【昼間部】進学奨学金B

減免する学費:入学金全額免除、授業料一部免除(栄・調・菓:10万円、観:15万円)

対象年限:進学した学科の初年度

採用人数:進学者全員

ダブルライセンス【夜間部】進学奨学金A

減免する学費:入学金全額免除、授業料全額免除

対象年限:進学した学科の最短修業年限

採用人数:最高5名

ダブルライセンス【夜間部】進学奨学金B

減免する学費:入学金全額免除、授業料半額免除

対象年限:進学した学科の最短修業年限

採用人数:進学者全員

 

◎進学者の履修科目の読み替え

 

進学者には進学前に修得している科目を進学後の履修科目に読み替えて履修認定することができますexclamation

 

③ 再入学の組み合わせは自由自在!!

 

大和学園グループ校への再入学なら「どこから」「どこへ」でも組み合わせは自由ですあっかんべー

 

京都ホテル観光ブライダル専門学校を卒業後、ダブルライセンスプランでさらに専門的な学修をする場合、それぞれのグループ校で栄養士・調理師・製菓衛生士の受験資格を取得し、ホテル・観光・ブライダルの専門分野に新たな知識や資格をプラスし、マルチなプロを目指せますウッシッシ (顔)

 


 

カメラひらめき将来自分がなりたい像に近づくために必要なスキルを習得すること「能力を身につける」ことは、それ自体がとても意味のあることですexclamation

 

能力を身につけ、腕を磨くことで、専門的な技能やプロ意識が醸成され、広く世界で活躍できるスペシャリストになることができますぴかぴか (新しい)

 

専門的な事柄を仕事にするためには、より詳しい専門的な知識や技術が必要です。

 

例えば経験が必要だったり、資格の取得が必要であったりと、専門職は要件が厳しく、誰でもすぐになれるわけではありません泣き顔

 

しかし、現在広く世界で活躍しているスペシャリストも、最初から専門的な知識を身につけていたわけではなく、資格取得などの勉強をし、努力をしたはずです鉛筆

 

ダブルライセンスプランを活用して、より専門的な知識や技術を身に付け、将来幅広いフィールドで活躍しようdouble exclamation