京都ホテル観光ブライダル専門学校[2020年4月 キャリエールホテル旅行専門学校より校名変更予定] OB・OGサイト

京都ホテル観光ブライダル専門学校[2020年4月 キャリエールホテル旅行専門学校より校名変更予定] OB・OGサイトからのお知らせです。

【重要】日本学生支援機構より 奨学生であった皆様へ

DATE:2018年12月26日

カテゴリー:同窓会事務局からのお知らせ

日本学生支援機構より、奨学生であった皆様へ 奨学金の返還について連絡文が届いています。

奨学生であった方は、下記内容をご確認ください。

**********************************************

在学中に奨学生であった皆様へ

本校での学業を終えられ、お元気にご活躍のことと存じます。

さて、在学中に日本学生支援機構の奨学生であった皆様は、10月から奨学金の返還を開始されていることと存じます。

ところで、奨学金は口座振替により返還することとなっていますが、例年、最初の引き落としができない方がいるそうです。

最初の引き落としができないと、延滞となって、なかなかその状態から抜け出せなくなる恐れがあります。また、延滞状態が続くと、個人信用情報機関に「延滞者」として登録され、クレジットカードが使えなくなったり、ローンが組めなくなる場合があります。

そのようなことがないように、在学中からさまざまな機会にご説明をし、資料をお配りしてきましたが、改めて≪注意喚起≫するために、こちらの文書をホームページで掲載させて頂きました。

 

  1. あなたの返還金は、口座から、きちんと引き落とされていますか。
  2. 口座振替の手続きをおこなっていないため日本学生支援機構から請求書を受け取って、まだ支払いが済んでいないようなことはありませんか。
    もう一度、ご確認ください。

万一、返還が困難な場合は、返還期限猶予制度や減額返還制度()など仕組みがありますので、今すぐ≪日本学生支援機構の相談窓口≫に電話してください。ご相談の際には、奨学生番号をお忘れなく。

第一種奨学金の返還方式で所得連動返還方式を選択している場合、減額返還制度は利用できません。
もし、すでに返還していたり、在学届の提出や返還期限猶予などの手続きを済まされている方は、特に手続き等は必要ありません。

各学校の貸与及び返還に関する情報が、日本学生支援機構のホームページ上で公開されています。また、奨学生であった皆様の奨学金の返還金は、次の奨学金の原資となります。本学としても、後輩学生のため、皆様に格別の留意をお願いする次第です。

≪日本学生支援機構の相談窓口≫ 電話番号0570-666-301
(海外からの電話、一部携帯電話、一部IP電話 専用ダイヤル03-6743-6100)
詳しいことを知りたいときは、こちらへ。http://www.jasso.go.jp/shogakukin/henkan/
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【重要】日本学生支援機構より 奨学生であった皆様へ
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]