TOP
TOP

キャンパスライフブログ

観光英語検定に合格すると、観光やコンシェルジュの仕事に役立つ?


観光英語検定という検定をご存知ですか?観光英語検定は、英語検定とは違い、観光に絞った語学力が試される検定です。この検定に合格すれば、観光に関連した仕事に役立てることができます。語学力といえば、ホテルのコンシェルジュやツアーコンダクターの仕事をする上でも役立つのか?観光英語検定の内容と共に見ていきましょう。

観光英語検定とは、どのような検定なのか

観光英語検定とは、特に外国人のお客様に対して対応できる語学力が身についているかどうか、というのを見極める検定試験です。普通の英語検定とは違い、観光で使う業界の専門用語や、通常は使わないような特別な言い回しなど、観光時だからこそ使う英語スキルが、身についていることの証になります。

一昔前の日本は、それほど国際化が進んでいなかったため、英語に対応できる上司やスタッフが数人いれば、それほど対応に困ることはなかったかもしれません。しかし現在の日本は、特に外資系のホテルや、有名な観光地など、場所によっては外国人観光客の方が多く訪れるような状況です。

今や、ホテルや観光業界で働くには、語学力も求められています。こうした状況から、観光英語検定ができました。検定は3級から1級と、段階を踏みながらレベルアップしていきます。

  • 3級:外国人に道案内やパンフレットの説明ができる、あるいは海外で同僚と一緒に英語を使って行動することができるレベルです。
  • 2級:海外で自分が旅行をするときに、単独で観光や買い物ができたり、ホテルや乗り物の予約ができる、外国人に観光地を説明できるレベルです。
  • 1級:外国人に観光地を通訳ガイドできる、ホテルなどで外国人に英語で接遇ができる、海外の風俗習慣、国際儀礼などの異文化を英語で紹介できる、海外で日本人客を接客して、英語で添乗業務ができる、

というかなり難しいレベルになります。

観光英語検定に合格するためには、何を学べばいい?

観光英語検定の試験問題は、通常の英語検定と同じように「筆記試験」「リスニング試験」が行われます。ただその内容としては、観光や旅行に関係する問題に絞られています。

具体的には、空港、交通、ホテル、観光、ショッピングなど、実際の「観光時のシーン」を想定した内容が出題されます。つまり、実際に外国人観光客とのコミュニケーションを測ることを想像しながら、国内・海外の観光事情や文化についても勉強する必要があります。

京都ホテル観光ブライダル専門学校の旅行学科では、「観光英語」の授業があり、この検定試験への対策講義を受けることができます。英文から観光用語、海外での実務英語など、それぞれの分野にわけて勉強します。

検定合格を目指して、実力テストや定期試験を行うことで、自分のレベルが届いているかどうかを確認することができます。実際に過去問題を解きながら進められるので、自分の「今のレベル」がわかって、足りないところを復習するなど、自分の実力を合格レベルに近づけることができます。

観光英語検定のレベルってどれくらい?

観光英語検定は通常の英語検定と同じように、3級から1級と段階があります。

観光英語検定の3級試験では、観光や旅行で必要になる初歩的な英語や日常会話です。自分自身が海外旅行をした先で、英語で会話をしたいと考える人は3級合格を目指しましょう。

2級になると、ホテル関連業務や予約業務など観光業に必要な基本的な英語力が求められます。仕事に英語を活かしたい人は最低でも2級は取っておきたいですね。また自分が旅行者側の場合2級では一人で海外を観光したり、買い物ができたりするレベルです。ホテルや乗り物の予約もできます。

1級となると本格的に英語を使って誰かを案内できる、通訳できるレベルです。通訳ガイドや海外で活躍するツアーコンダクターを目指す人は1級レベルあった方がいいですよ。1級は語学力に以外にも海外の異文化を理解し、それを英語で紹介できる力も必要になります。

観光英語検定に合格して、コンシェルジュの道を!

観光英語を活かせる仕事の一つに、コンシェルジュの仕事があります。コンシェルジュとは、ホテル内の総合世話係です。お客様の代わりに車やレストランの予約など、必要な手配を行うのが仕事です。また「サプライズをしたいから今から花束を買ってきて」「プレゼントを用意して」など、お客さまの要望に応えることも仕事です。

決してNOとは言わず、常にどうすればできるかを考えるサービスのプロ。最近では、外資系のホテルにはコンシェルジュが常時しており、外国人のお客様へのサービスを行っています。

何でも対応できるコンシェルジュですから、観光客が困ったことがあれば、真っ先に問い合わせにくるでしょう。その時に、流暢な英語でコミュニケーションをとれば、きっとお客様にも喜んでもらえるはずです。

コンシェルジュに必要な英語レベルは、観光英語2級です。ホテルの予約や各種の手配ができるレベルの英語力が問われ、3級と比べるとグッと難易度が上がるため、京観校では、在学中に3級合格を目指す生徒が多いようです。

コンシェルジュの仕事自体、就職してすぐに慣れるものではありません。基本的にはフロント業務などの接客業務でホテルの経験を積んだ後になることができます。コンシェルジュになりたいのであれば、ホテルで働きながら2級合格を目指すのが良いでしょう。

観光英語検定に合格すれば、海外でも活躍できる

観光英語検定1級となると、海外の方とのコミュニケーションもスムーズに行うことができるレベルですので、外国人の方と関わる仕事をしたり、海外で活躍することもできます。

コンシェルジュとして外国人の方へサービスを提供することも一つの道ですが、日本ではコンシェルジュという肩書で働けるホテルの場所は大規模ホテルや外資系ホテルに限られているようです。

海外のホテルではコンシェルジュが常駐していることがほとんどですので、さらに英語レベルを上げることで、コンシェルジュとして海外へと活躍できる幅を広げることもできるはずです。

コンシェルジュに限らず、観光英語検定はツアーやホテルなど観光業に関わる仕事や、プライベートでも大いに役に立つ資格です。

あなたも、京観校で、ホテルや旅行、ブライダルなどについて専門的に学びながら、観光英語検定など、たくさんの資格を取得して、さらなるスキルアップを目指しませんか?

 

参考記事

http://kanko.zgb.gr.jp/exam/26_3.pdf

https://simp1e-itv47.com/2012/07/494/

https://juken.oricon.co.jp/rank_english/special/business/tourism-english-test/

http://kanko.zgb.gr.jp/about/index.html

http://kanko.zgb.gr.jp/exam/26_2.pdf