TOP

キャンパスライフブログ

ジュエリーコーディネーター検定は何に活かせるの?

ジュエリーコーディネーター検定という資格についてご存知ですか?

今回は、ジュエリーコーディネーター検定とはどのような職業に活かせる検定で、どのような内容の検定なのかなどについて、ご紹介していきます。

ジュエリーコーディネーター検定は、ジュエリーのプロの証?

ジュエリーコーディネーター検定に合格するためには、ジュエリーの歴史やジュエリーの種類、ジュエリーについての基礎的な知識が求められます。また、ジュエリー市場などの産業についても問われるので、ジュエリーに関するさまざまな詳しい知識が必要になります。

この検定に合格することができれば、ジュエリーのプロとしての証明になります。ジュエリーコーディネーターとして働きたいと思うのであれば、検定合格の証明書を取得しておくことをおすすめします。ジュエリーを直接扱う仕事でなくても、ブライダル業界での仕事をするのであれば、いくつかの業種での仕事をする上でも役立ちます。例えばウエディングプランナーの場合、お客様と打ち合わせをする際にジュエリーに関してのアドバイスができれば、本当に新郎新婦が選びたいものを一緒に考えることができます。

 

ジュエリーコーディネーター検定はどうすれば合格できる?

ジュエリーと一言で言っても、ジュエリー使われる宝石には、たくさんの種類があります。

ジュエリーには

  • カラーストーン
  • ダイヤモンド
  • 真珠

と大きく分類してもこれらのものがあります。カラーストーンにもたくさんの種類の石があります。ルビーやサファイヤなどの色の付いた石、とすると分かりやすいでしょうか。宝石には、どのような種類があるのか、またそれぞれの扱い方についても知っておく必要があります。

また、宝石にも分類があり、それぞれの性質も違います。天然石の処理や合成の方法、カッティングスタイルなど、宝石の持つ特性と取り扱い方を勉強することで、宝石に対する知識を深め、それを使ったジュエリーについてもたくさんのことを学ぶ必要があります。

例えば、日本人女性の冠婚葬祭には欠かせない「真珠」。これについても真珠がどのようにできるのか、真珠の養殖工程や採取工程、手入れの方法などについても学んでいきます。

ジュエリーコーディネーター検定に合格すれば、ジュエリーの扱い方や種類について説明できるようになります。さらには、ジュエリーについてお客様に適切なアドバイスができるようになり、ジュエリーを販売することもできるようになります。

 

キャリエールでは『ジュエリーコーディネーター検定特講』の授業で、実際の宝石を見て手で触りながら学んでいくことができます。種類がたくさんあってわからないことでも、実物を見ながら勉強をすることで一つひとつの知識を深めることができます。

 

ジュエリーコーディネーター検定は花嫁さんのコーディネートに役立つ!

ジュエリーはブライダルに関るうえで、欠かすことができません。婚約時に身につけるエンゲージリングや、結婚式の指輪の交換でマリッジリングは、結婚する二人にとって本当に大切なものです。このようなブライダルジュエリーを扱い、新郎新婦のご要望にマッチしたジュエリーをご提案していくのが、ジュエリーコーディネーターです。

そうしたなかで、ジュエリーコーディネーター検定に合格していれば、ジュエリーコーディネーターとして、あるいはジュエリーのプロとして活躍することができます。それだけではなく、ジュエリーを直接扱わずともブライダルスタイリストとして衣裳をアドバイスする時にも、ジュエリーと合わせたものをアドバイスすることができます。

ブライダル業界で働くうえでは、直接、ジュエリーをコーディネートする仕事でなくても、ジュエリーのアドバイスができるかどうか、プロとしての資質が問われます。

もちろん、一番大事なのは新郎新婦に喜んでもらうことです。ブライダルスタイリストやジュエリー業界で活躍したいのであれば、この検定に合格しておくことをお勧めします。キャリエールでは、ジュエリーコーディネーター検定3級合格のための対策授業があるので、合格への道が早くなると思います。

 

ブライダルの専門学校について詳しく見たい方はコチラひらめき