ツアープランナーに憧れて

ツアープランナーの魅力

ツアープランナーを目指してキャリエールに入学した、タツロウ(仮名)です。僕は小さな頃からずっと、旅行が好きなんです。だって、旅行のプランを考えるのって、すごく楽しくないですか?僕は旅行するにあたり、色々工夫をするのが楽しいと思い始めていた時に、ツアープランナーという最適な仕事があることを知り、感激しました。そこで、これを自分の仕事にしたいと思い、キャリエールに入学を決めました。

ツアープランナーってどんな仕事?

ツアープランナーの仕事は、その名前の通り「ツアー(旅行)をプラン(計画する)人」のことです。最初からパックになっている(予め、ツアーがプランニングされている)旅行もありますが、例えば学校での修学旅行や会社での社員旅行は一から計画を立てていきますよね。ツアープランナーは、こういう旅行で力を発揮する仕事ともいえます。

お客さんの行きたいところや、どんな旅行にしたいなどの要望を聞いて、それに合わせたプランを作るのがツアープランナーの仕事です。プランを立てる時には必ず予算の希望もあります。やりたいことを付け足したはいいけれどお金がね、っていうのを解決するのも、ツアープランナーの腕の見せ所です。

言ってみれば、予算内でお客さんの希望以上のものを計画するのが、ツアープランナーに求められることです。そのために大事なのはたくさんの知識です。こっちの方が安くいける、このルートの方が効率よくいけるっていうのを提案するには、旅行に関わるたくさんの知識がなければできません。

ツアープランナーを目指したきっかけ

ツアープランナーを僕自身が目指そうと思ったのは、最初にお伝えした通り、「旅行が好きだから」です。修学旅行はいつも楽しみで仕方なかったですし、家族と旅行するのもとても好きです。でも、ツアープランナーになりたいと思った一番のきっかけは、高校生の時に青春18きっぷで旅行をしたことだったかな。

今はキャリエールに通うために京都にいるんですが、元々山口県に住んでいて、夏休みを利用して旅をしました。高校生の夏休みだから、時間はあるけどお金は限られていましたし…。でもその中で、青春18きっぷを上手く使って効率よく観光できないか、まだ見たことが無い景色をどれだけ見れるだろうかと考えて、旅をしました。電車の時刻表と路線図付きの地図とを照らし合わせながら色々考えて、その中で一番いいルートを見つけるのが、すごく楽しかったんです。

どこがいいかな?ここもいいよなと考えながら、ピッタリとハマるものが見つかった時って、すごく嬉しくて楽しいんですよね。元々、旅行や鉄道が好きなので、その好きを活かして楽しく仕事ができればと考えて、ツアープランナーを目指そうと思いました。自分が考えたプランで自分がすごく楽しめたから、人にも楽しんでもらえたらもっと嬉しいんじゃないかな?って考え始めたんです。

ツアープランナーは、なぜこんなに「楽しい」と思えることが多いのか

ツアープランナーのいいところって、空想で楽しめることなんですよね。人って、計画を立てている時が一番わくわくするって言うじゃないですか。それを自分のためだけじゃなくて、色んなお客さんに喜んでもらえるのが、ツアープランナーの楽しいところだと思うんです。

この人はこういうのを望んでいるなって分かったら、それなら何があったらこの人は喜ぶだろうか?どんな景色を見た時に、どんな人と出会えた時に喜ぶんだろう?って考えるだけで、わくわくします。

それに自分がわくわくする旅行のプランを、お客さんもわくわくしながら聞いてもらえたら、嬉しすぎませんか?自分が良いと思ったものを、同じように良いと思ってもらえるってことですから。お客さんによって好きなものが違う、旅行の目的も違う、そんな色んな人達の希望に合わせて考えるのが、何よりも楽しいところです。

それから、ツアーのプランを考えている時は、自分もまるでそこに行ったような気分になれるので、旅行好きにとってはたまりません。旅行が好きとか、計画を立てるのが好きな人だったら、この仕事をして飽きることはないんじゃないでしょうか。

そして、すごく「楽しい」プランを考えついたら、自分も本当に体験しに行っても良いわけですからね。下見と称して、本当に「楽しい」プランになるのかを試してみる。時間とお金に余裕があれば、今すぐにでも行ってみたいです!

人のために考えて、空想して自分も楽しめて。一石二鳥の楽しみがあるのが、ツアープランナーだと思います。