TOP

キャンパスライフブログ

ビジネス能力検定(B検)はどんな資格?難易度やメリットをご紹介


 

いろいろな企業と関わりのある、営業や営業企画、生産管理などの仕事に携わる人には、ビジネスに関する幅広い知識が求められます。

今回は、そんなビジネスマンに共通して必要とされる「ビジネス能力」を問われる「ビジネス能力検定(B検)」についてお伝えします。

ビジネスの最前線で活躍する人にとっては、非常に役立つ検定ですから、これからスキルが求められる職種を目指す人にはオススメの資格。

この記事では、そんなビジネス能力検定(B検)についてくわしく解説します。

ビジネス能力検定(B検)とは

ビジネスマンと一言でいっても、それぞれの部署で必要なスキルは少しずつ変わりますが、マナーや対応、問題分析などのマネジメントなどは共通して必要となるでしょう。もちろん働きながら自然と身に付けるものではありますが、自ら進んで学ぶ方が、ずっと仕事を覚えるスピードも早くなるものです。

ですが何を基準に、ビジネスの能力を測ればよいのでしょうか。

いろいろな基準がありますが、そのひとつにビジネス能力検定(B検)という検定試験があります。これは、一般社団法人職業教育・キャリア教育財団が行っている、ビジネスマンに求められる能力を認定するための検定試験です。

過去には、単に「ビジネス能力検定」と呼ばれていましたが、現在では「ジョブパス」と呼ばれる改定が行われ、「ビジネス能力検定ジョブパス」が正式名称となりました。営業・営業企画・生産管理などの部門にマッチした検定ではありますが、そのほかにもたくさんの職業・部署でも、持っていることで非常に役立つ検定です。

 

ビジネス能力検定(B検)を取得するメリット・意味

この検定試験に合格するということは、何を意味するのでしょうか。

それなりの知識が求められる検定でもありますから、合格できる知識があるというだけで、かなりレベルの高い実務がこなせると捉えられるはずです。特に「1級」ともなれば、レベルの高いマネジメントスキルと知識、財務などの問題も出題されることから、例えば、一般企業の課長レベル以上になるには、欠かせない知識だといえます。

合格できる能力を身につけること、それ自体がメリットとなる検定だといえるでしょう。

実際に出題される問題を解いてみると、それがはっきりわかるはずです。

 

ビジネス能力検定(B検)が役立つ仕事

ビジネス能力検定が役立つ仕事は、多種多様です。

一般的なメーカーや商社だけではなく、社外の人と関わるさまざまな業務に携わる人、高度なマネジメント能力が求められる仕事に携わる人なら、どんな仕事にでも役立つでしょう。

もしすぐに役立てられる知識でなかったとしても、仕事をしているのなら、かならずどこかで身につけた知識が活躍するケースがあるはずです。

 

営業・営業企画・生産管理を目指す人におすすめ

どんな仕事や部署でも役立つ資格ですが、やはり営業・営業企画・生産管理に携わる人には、とても役立つ検定でしょう。

とくに1級は、取引先との折衝や交渉、社内での高度なマネジメントに関する知識までが求められますから、関わりの深い部署に所属する人にはぴったりです。

取得のために勉強をするだけでも、かなりの学びがあるのではないでしょうか。

 

ビジネス能力検定(B検)の難易度

ビジネス能力検定の難易度についてご紹介します。

まずはこちらの合格率をご覧ください。

  • 1級 … 35.2%(ややむずかしい)
  • 2級 … 71.2%(やややさしい)
  • 3級 … 82.6%(やさしい)

このような合格率となっていることから、そこまで難易度の高い検定ではないことがわかります。出題範囲をしっかりと学習していれば、1級も取れないことはないはず。特に公開されている過去問などから、傾向を掴むことができれば対策は可能でしょう。

2級・3級に関しては、事前にしっかり学習すれば、合格することも夢ではないでしょう。

 

ホテル業界、ブライダル業界、旅行業界など、「人」と関わる仕事に就くならもちろんですが、どんな仕事であったも社会に出て、ビジネスにかかわるならば、やはりある程度のビジネスマナーは、身に付けておきたいですよね。