TOP
TOP

キャンパスライフブログ

鉄道の仕事について知りたい!種類や魅力を知ろう


鉄道会社で働いてみたいと考えたら、次に考えるのが「どんな仕事をするんだろう?」ということだと思います。

みんなが一度は憧れる、鉄道会社に就職すると、一体どんな仕事をするのでしょうか。

この記事では、鉄道の仕事の種類ややりがい、そして大変さについてもくわしく解説をします。

これから鉄道会社への就職を目指すのなら、ぜひ知っておきましょう。

鉄道の仕事の種類と内容は?

鉄道の仕事の種類は、厳密に分けると、紹介しきれないほど多くの職種に分かれてしまうことに。

そのためここでは、代表的な仕事の4つの種類に絞ってご紹介したいと思います。

どれも夢があって、みんなに必要とされる素敵な職種です。

駅員の仕事

駅員の仕事は、その仕事の名前の通り、駅でさまざまな業務に従事するスタッフの総称です。

たとえば駅の改札でお客様の対応をする業務。

改札では列車に乗るために、毎日たくさんのお客様が通る場所です。

そのため乗り換えについて尋ねられたり、料金についての質問を受けたり、時にはクレームを受けることもあるかもしれません。

ほかにも裏方で事務を担う仕事であったり、ホームでお客様の安全を守る仕事など、駅員としての業務は多岐に渡ります。

車掌の仕事

車掌は列車の最後方から、ドアの開閉に問題がないか、お客様に危険はないかをチェックすることや、車内放送などが主な業務です。

人口の多い地域の列車は、10輌以上の長い編成の場合もあり、車掌の安全確認の業務はとても大切なもの。

事故が起こらないように、しっかりと安全を確認しなければならず、それだけやりがいもある仕事です。

運転士の仕事

みんなが一度は憧れる運転士の仕事は、その名前の通り列車を運転する仕事です。

運転士になるためには、まずは鉄道会社に就職して、運転士になるための試験に合格しなければなりません。さらに、担当する路線の信号位置や勾配なども全て記憶することが求められます。

線路を覚えておかなければ、事故の恐れがあったり、適切な場所で停めることができないからです。

鉄道の仕事の中でも、一部の限られた人にしかなれない、特別な仕事だと言えるかもしれません。

もちろん真剣に目指すことで、誰もがなれる可能性のある仕事でもあります。

鉄道車輌整備士の仕事

鉄道の仕事は、駅や列車での仕事だけではなく、車輌の整備をする仕事もあります。

毎日たくさんのお客様を運ぶ、車輌の安全を守るための仕事であり、決して外からは見えませんが重要な仕事です。鉄道会社には欠かすことのできない、とても大切な仕事と言えるでしょう。

「鉄道車両製造・整備技能士」という国家資格もありますが、受験には実務経験が必要となります。
まずは大学や専門学校で鉄道や観光に関する勉強をしつつ、鉄道会社への就職を目指すというのが鉄道車両整備士になるための近道ではないでしょうか。

鉄道の仕事の魅力は?

鉄道の仕事には、とてもたくさんの魅力があります。

待遇面でよいことも魅力ではありますが、それ以上に社会から必要とされる仕事であるということでしょう。

社会のインフラを担う仕事

鉄道は社会からなくすことのできない、とても重要なインフラです。

そんな社会から必要とされている、大切なインフラを担う仕事に携われることが、最大の魅力なのではないでしょうか。

どんな仕事をしているのかと聞かれた時に、胸を張って言える仕事ですよね。

憧れられる仕事

鉄道の仕事に憧れる人はとても多いと思います。

子どもにはとくに憧れられる仕事。そんな仕事をできることは大きな魅力です。

鉄道の仕事の大変なところ

鉄道会社の仕事には、たくさんの種類があり、それだけ多くの魅力がある仕事です。

ですがそれと同時に、大変なところもあることを忘れてはなりません。

たとえば鉄道が走る時間に合わせて出勤することになるため、不規則な勤務になることが挙げられます。

ほかにも気象条件によって、遅れや運行が止まったりすると、お客様への対応が必要であったり、乱れたダイヤに対応するなど、非常に忙しくなるのは必至です。

鉄道の仕事を目指すなら京観校へ

鉄道の仕事に就きたいのであれば、基本的には専門学校を卒業してからになるでしょう。

京都ホテル観光ブライダル専門学校の旅行学科であれば、鉄道の仕事に必要な知識や、旅行に関わる全般の知識や技術について学べます。

これから鉄道会社への就職を目標にしているのなら、ぜひ京観校への進学がおすすめです。