TOP
TOP

キャンパスライフブログ

語学留学のための学校はどう選ぶ?メリットについても解説


少しでも海外について興味を持つ人なら、だれでも一度は気になるのが語学留学なのではないでしょうか。

 

単純に海外への興味が尽きない好奇心旺盛な人、グローバル化が進む世の中を見据えて語学を学びたい人、将来的に海外で働きたい人など、語学を学びたい理由はさまざまだと思います。

語学留学といえば、一般的にビジネスでの話者の多い「英語」が中心となるでしょう。

英語を学ぶための語学留学にも、さまざまな方法がありますが、一つの選択肢として考えたいのが学校を経由して語学留学をすることです。

この記事では、語学留学を実現するための学校をテーマに解説をします。

語学留学のための学校

語学留学は、極端な話をすると、どんな学校からでも休学などをすればじゅうぶん可能です。

ですが本気で語学力を身に付けたいのであれば、専門学校などから語学留学するのがおすすめでしょう。

専門学校で語学と専門知識を学ぶ

語学留学のための学校として、まず検討したいのが専門学校です。

たとえば京観校では、単に海外で語学だけを学ぶのではなく、ホテル業や旅行業に役立つ知識を身につける語学留学ができます。

京都ホテル観光ブライダル専門学校の留学を一部紹介すると・・・
●イギリスのホテル・レストランで実務研修も行える「イギリスホテル実務研修」(1ヶ月と3ヶ月から選択可能)
●オーストラリアの旅行会社で実務研修を行える「オーストラリア旅行実務研修」(1ヶ月と3ヶ月から選択可能)
●カナダやニュージーランド、オーストラリアなど自身が希望する国で行える語学留学(1か月)
など学びたい内容に合わせた語学留学制度が多数用意されています。

将来的に英語を活かした職種に就きたいと考えているのであれば、専門知識を学びながらの語学留学で、きっと夢も実現できるはずです。

もちろん語学留学で学んだ経験は、ホテル業や旅行業に限定せず、役に立つ機会はたくさんあるでしょう。

およそ2年間の短い期間で、しっかりと専門性を高められるのは大きなメリットなのではないでしょうか。

大学で語学留学をする

大学に進学後に語学留学をする方法もあります。

語学留学中の単位については、さまざまなケースがあるため大学側に確認しておくことが必要です。

英語プログラムとして設けれたESLであれば単位として認められるケースもありますが、民間の語学学校の場合は単位を認められないケースがほとんど。

「楽しく語学留学できたのはいいけれど、帰国したら単位不足だった」なんてことにもなりかねません。

そうなると正規留学も視野に入りますが、語学を目的とした留学というよりも、勉強そのものが目的となるため、莫大な費用と最初から高いレベルの語学力が求められます。

ネイティブレベルの語学力を求めるなら、大学進学後の留学でしっかりと学ぶ道もあります。

語学留学をするメリット

世界共通言語である英語を学ぶ語学留学はメリットばかり。

仕事だけではなく、世界中の人とコミュニケーションを取れ、グローバルに情報を得られる力が身につくなど、メリットはあまりにも多いです。

日本にいるよりも圧倒的に語学が身につく

語学留学での数ヶ月は、国内で何年も学ぶよりも効果的だと言われます。

もちろん現地で日本人同士で固まってしまうと意味は薄れてしまいますが、四六時中英語漬けで生活する毎日は、どんな勉強よりも圧倒的に濃密な時間となるはずです。

ネイティブや他国の留学生の人たちと、英語だけでコミュニケーションをしなければならないうえに、外を歩いてもすべてが英語なわけですから、英語力は必然的に向上します。

国内にいても語学は学べますが、数ヶ月の語学留学には到底及びません。

駅前留学や学科を専攻する、独学で学ぶ、TOEICや英検の取得を目指すなど、語学学習にはたくさんの方法がありますが、短期間で語学力を磨くなら語学留学が圧倒的にオススメです。

外国での生活は一生モノの経験

数ヶ月の短期間であっても、実際に外国で過ごした時間は、一生モノの経験となるはずです。

その経験が殻を破り、積極的にコミュニケーションを取れるきっかけとなり、海外への抵抗感をなくしてしまうでしょう。

仮に言葉を喋ることができても、海外へ行ったことがなければ、抵抗感はいつまでもなくなりません。

語学を学ぶために京観校に通ってみませんか?

語学留学をするための方法はたくさんありますが、その中でも将来の就職にも有利なのが専門学校です。

京観校のホテル学科、旅行学科なら、憧れの語学留学が実現できるだけではなく、就職に有利な資格の取得なども可能。

京都ホテル観光ブライダル専門学校で、語学を含めてたくさんのことを学んでみませんか?