TOP
TOP

キャンパスライフブログ

鉄道業界へ就職するには?専門学校から目指す憧れの職業


世の中にはいろいろな業界がありますが、鉄道業界に憧れを持つ人はとても多いのではないでしょうか。

鉄道業界は、日本全国で地域住民の移動手段を支えるまさに公共インフラそのものです。

また鉄道業界は非常に安定した業種であり、倒産の恐れなどが少なく、年収も安定しやすい傾向があります。

もちろん就職する鉄道会社によっても異なりますが、比較的に労働環境も整い、働きやすいと言えるのではないでしょうか。

人びとの生活を支え、しかも働きやすく安定している業界ですから、人気の業界なのは必然です。

そんな鉄道業界へ就職するためには、いったいどうすればよいのでしょうか。

この記事では、鉄道業界へ就職するための方法についてやさしく解説をします。

鉄道業界へ就職するには?

鉄道業界へ就職する方法はいくつもあるので、自分に合った進路を考えましょう。

ただし職種によっては、ある程度以上の学歴が必要な場合もあるため、自分が目指す職種を考えて進学を考える必要があります。

運転士や車掌、駅員などの現場で働く「現業職」は間口は広く、専門学校を卒業後に就職可能です。

いわゆるキャリア組と呼ばれる、「総合職」や、整備などの専門的かつ高度な知識と技術を求められる「技術職」の場合は、特定の大学を卒業する必要があるなど条件があります。

高校を卒業後に就職する

高卒から鉄道業界へ就職をする場合は、現業職が選択肢です。

鉄道の仕事といえば、やはり現場で活躍する現業職が、最も身近で憧れを抱きやすい職種なのではないでしょうか。

ただし何の知識もないまま就職することになるため、馴染むまでに時間がかかることや、資格の取得などの面でやや大変かもしれません。

専門学校を卒業後に就職する

現業職を目指す場合に、最もスタンダードなのが専門学校を卒業して就職する道です。

専門学校で専門的な知識と技術を身に着け、仕事で役立つ資格を取得して就職できるので、スタートの時点で有利だと言えます。

とくに資格の取得には、ある程度の勉強時間が必要ですから、比較的時間の取りやすい専門学校時代に取得できる点が大きなメリットです。

大学を卒業後に就職する

鉄道業界のさまざまな職種、また専門知識を有する職種を志望するのであれば、大学を卒業後に進学をするという方法もあります。

ただし、大手の鉄道会社の場合、総合職での就職は非常に競争率も激しく大学卒業後に鉄道業界を目指すのは、それなりに覚悟を決めて進路を決めなければなりません。

鉄道業界への就職は難易度が高い?

鉄道業界への就職の難易度については、職種によってまったく異なります。

そもそも業界的に安定しており、福利厚生なども充実していることから、人気の業界であることに違いはありません。

そのため競争率は高い傾向にあります。

職種によるが全体的には難易度は高め

現場で働く現業職の場合は、学歴や中途採用など、あまり関係なく採用される場合もあり、難易度は比較的やさしいと言えるのではないでしょうか。

技術を伴う専門職の場合は、やや難易度は上がりますが、一部鉄道会社では入職後に研修を行い、入社時点で専門的知識は問わない会社もあるなど、努力次第でじゅうぶん狙える職種です。

さまざまな職種を経験する総合職の場合は、かなり難易度が高いといわれます。

鉄道業界へ就職するためには何を学ぶべき?

鉄道業界へ就職するために学ぶべきことは、やはり目指す職種に役立つ知識の習得です。

また鉄道業界で役立つ資格勉強などもしておくと、就職時、そして就職後も役に立つでしょう。

こうした勉強は、鉄道業界について学べる専門学校への進学がオススメです。

京都ホテル観光ブライダル専門学校で鉄道業界への就職をつかみ取ろう

京観校では、鉄道業界を目指す方向けに鉄道サービスコース2021年4月に開設します。

京都という観光地で鉄道に関わる知識や、現場で役立つ旅行業全般の知識も学べます。

国内観光において、屈指の環境である京都だから学べることもたくさんあるはず。

ぜひ京観校で、憧れの鉄道業界への就職をつかみ取りましょう。