TOP
TOP

キャンパスライフブログ

鉄道の専門家になるには?総合的な知識を学ぶことが近道


将来は「鉄道の専門家になりたい」と考えている方は少なくないはずです。

たくさんの人が憧れる鉄道に関わるお仕事。

そんな鉄道の専門家になれると、誇りを持って仕事ができるだけでなく、現実的にプロとして会社からも頼られる職務に就くことが可能でしょう。

この記事では、鉄道の専門家になるために学ぶべきことや、何から始めるべきかについて、わかりやすくご紹介します。

鉄道の専門家になるために総合的な知識を学ぶ

鉄道の専門家になるためには、「鉄道に関わる深い知識」を持つのが大前提であることに違いありません。

ですが鉄道は広義に考えると、旅行業の一部として考えることもできるため、旅行業全体の知識や見識もある方が望ましいでしょう。

旅行をする人たちに、正確かつ快適に移動してもらうためのサービスをする事業者であるだけでなく、「鉄道に乗る」という行為自体が、旅行の醍醐味や付加価値でもあるのです。

旅行業会全体の知識を学ぶと強い

鉄道は旅行という過程の一部ですから、旅行業会全体の構造や知識を深めると、現実の仕事でも広い視点で物事を見られるでしょう。

鉄道会社自体が、子会社や関連企業に旅行代理店を持っていることからもわかる通り、旅行とは切っても切れない関係なのです。

採用条件などでも異なりますが、さまざまな経験をする意味で、こうした旅行代理店に近い部署に配属される可能性もあるかもしれません。

旅行業全般について学んでおくことが力となる場面が、鉄道会社への就職後にきっとあるはずです。

鉄道で必要とされるおもてなし(ホスピタリティ)を学ぶ

駅員や運転士に求められるものは専門的な知識だけではありません。

困っているお客様への対応方法、お体が不自由な方への補助などおもてなし(ホスピタリティ)の心が必要になってきます。

専門的な知識だけではなく、正しいお客様へのマナーやサービス精神を身につけることも大切です。

鉄道について専門的な知識を学ぶ

旅行業全般の知識を勉強しながら、鉄道について専門的な知識を学べば、本物の専門家となれます。

もちろん鉄道の専門家を名乗るためには 、自分の専門分野について誰よりも勉強しなければなりません。

狭く深い知識が求められるわけですが、こうした特定分野の理解には、関連する予備知識や情勢についても求められるでしょう。

こうした専門的な知識の基礎を身につけるためは、専門学校などで学ぶのが近道です。

鉄道の専門家になるための3つのルート

鉄道の専門家を目指す方法には、いくつかの方法がありますが、一般的にはつぎの3つです。

  1. 高校卒業後に鉄道会社へ就職する
  2. 専門学校の旅行学科で鉄道を専門的に学ぶ
  3. 大学で幅広い知識を学ぶ

もちろん一度社会人生活を経験後に、中途採用として鉄道会社へ入り、専門家を目指す人もいます。

ですが、できるだけ短い期間で専門家になるなら、ご紹介する3つのルートを参考にしてみてください。

高校卒業後に鉄道会社へ就職する

鉄道会社の仕事の中でも、現場で働く現業職を目指すのなら、高校を卒業後に就職する道があります。

最初から現場で必要な知識と技術を身につけられるのが魅力ですが、幅広い知識は自分で身に付けなけれなりません。

専門学校の旅行学科で鉄道を専門的に学ぶ

鉄道の専門家を目指す場合に、ぜひおすすめしたいのが専門学校の旅行学科への進学です。

専門学校で旅行業全般についての知識を学び、たくさんの資格の取得を目指しながら鉄道会社への就職を目指します。

鉄道に関わる授業も受けられる専門学校なら、さらによいでしょう。

たとえば京観校なら、鉄道に関わる知識を専門に学べるコースもあります。

大学で幅広い知識を学ぶ

鉄道会社で専門家というよりも、総合職と呼ばれる仕事を目指すのであれば、一度大学への進学がおすすめです。

現場よりも本社で幅広い仕事に携わる職務のため、鉄道の専門家とは厳密には異なる道かもしれません。

総合職での就職は、枠が狭く競争率も非常に激しいため、大学での成績から就職活動まで、かなりの努力が必要となるでしょう。

鉄道の専門家になるために京都ホテル観光ブライダル専門学校で学んでみませんか?

鉄道の専門家を目指す道はいくつもありますが、どの道を選ぶか迷う人はきっと多いでしょう。

もし迷っているのであれば、京観校で旅行業と鉄道について基礎的な知識をしっかりと見につけ、資格を取得してから鉄道会社への就職を目指してみませんか?

京都という旅行や観光、鉄道に深く関わる土地で学ぶことは、これから鉄道の専門家を目指すうえで必ず力となるはずです。

これまでに鉄道業界へ、人材を輩出している実績がある京観校への入校をお待ちしています。