TOP

キャンパスライフブログ

レストランサービス技能検定は、サービスのプロの証!

レストランサービス技能検定(HRS)、これは文字通り、レストランにおけるサービスの技能があるかどうかを推し量る検定試験です。

しかも、「サービス」に関する、唯一の国家検定!

では、レストランにおけるサービスの技能とは、一体どのような技能のことを指すのか。

また、何を学べば合格を目指せるのでしょうか。

今回は、この「レストランサービス技能検定」について、お伝えしたいと思います。

レストランサービス技能検定とは、どのような検定なのか?

この検定は、料飲やホテルのサービスに関わる人のためのもので、サービスに関する唯一の国家検定です。

料飲というのは、「料理」と「飲料」を合わせた言葉です。つまり、食べ物や飲み物を提供する飲食店(レストラン含む)などで提供されるサービスをまとめて「料飲サービス」といいます。

職種としてみれば、ホールスタッフだけではなく、ソムリエやバーテンダーなど、食べ物や飲み物を提供する業種すべてです。

料飲は、サービスの質によってお客様の満足度が変わるといわれています。

レストランサービスとして接客をする際や、ソムリエやバーテンダーなど、特に振る舞い方一つでお客様を喜ばせられるかどうかを左右する仕事では、サービス技能を向上させることは欠かせません。

この検定は、接客の仕方から、立ち居振る舞い、そしてホテルのレストランには欠かせないテーブルマナーなどの作法が、どのくらい身についているかを確かめるためのものです。

この検定には、1次試験と2次試験とがあります。

1次試験では、学科試験として筆記の試験が行われます。

2次試験では、ただ知識として身につけられているだけではなく、実際にお客様を相手にしても大丈夫かどうかの実技試験を行います。

実技試験の内容は、「朝食サービス」や「ランチサービス」などを実際に行い、正しい手順を踏めているのか、振る舞い方や言葉遣いはできているかなど、実際にプロとして問題がないかがチェックされます。

 

レストランサービス技能検定に合格するには、何を学べばいい?

この検定はホテルなどの接客マナーが強く求められるところでも、活躍できる人材かどうかを確認するためのものです。そのため

  • 接客マナー
  • テーブルマナー
  • レストランサービス全般

に関する知識を勉強することが必要になります。

またサービス内容だけではなく、食品衛生や食文化など食に関する知識も勉強しておく必要があります。

自分がレストランサービススタッフとしてお客様と関わる際に、お客様から料理に関する質問をされても答えられるように、食材やその調理法などについての知識も必要になります。キャリエールでは「調理サービス実習」という授業で知識を学ぶことができます。

ホテルでは、宴会やホテル内のレストラン、披露宴や結婚式の2次会など、様々なサービスを提供しています。その分野ごとのサービスの種類も知っておかなければ、臨機応変な対応ができなくなります。

レストランサービス技能検定の試験に合格するためには、それらの最低限の知識を有しておく必要があります。

そして知識として理解をした上で、実際に実演できるように対策をすれば、試験合格を目指せます。

キャリエールでは「HRS特講」や「F&Bサービス演習」などの授業を通じて、知識を取り入れながら実際に演習形式で実技試験の対策も行うことができます。実際に学校で教えてもらいながら実技の対策を行えるので、試験合格への道が早くなります。

 

レストランサービス技能検定に合格すれば、プロのサービスのすべてがわかる!

サービスに関する唯一の国家検定だからこそ、この検定に合格できたということは、サービスのプロとしての第一歩を踏み出せたということです。

ホテルのサービスは、他の接客の仕事よりもマナーやサービスには厳しい世界、ここでも学んだスキルが役に立ちます。

そこで働くためには、プロのサービスがどのようなものなのか?どのような振る舞い方、接客マナーができれば、プロとして認められるかの基準を、しっかりと理解しておくことが大切なのです。