TOP

キャンパスライフブログ

サービス接遇検定とはどのような検定?何に活かせるの?

サービス接遇検定とはその名前の通り、サービス業における接遇のスキルを確かめる検定です。具体的にどのようなことをする検定なのか、実際検定に合格した後はどういう場面で活かせるのか、「サービス業で人を幸せにしたい」と考える方へお伝えします。

サービス接遇検定は、サービス業に必要なことが身につく!

サービス接遇検定は、一言で言えば「サービススタッフとしての資質が問われる検定」です。立ちふるまい方や話し方、接遇マナーなど、実際にお客さまと関わる上で重要な技能が備わっているかどうかを見られます。実務的なものだけではなく、サービス業に欠かせないサービスマインドも問われます。そのためこの検定を目指すことで、実務的なものと精神的なものを身につけることができます。

サービスマインドとは

サービスマインドはスキルや実力などではなく、お客さまに喜んでもらいたいという、心からの思いやり、サービス精神のことです。実際サービス業として仕事をしていく場合、どれだけ身のこなし方がよく、どれだけ優れた話し方をしていたとしても、気持ちがこもっていなければお客さまには伝わりません。

イメージできると思いますが、仕事はできるけれど思いやりがかけている人と、仕事は少しダメな部分はあるけれど思いやりがある人がいたら、お客様からの評価はどちらが高いでしょうか?仕事は時間が経って慣れてくれば自然と向上していきます。しかし思いやりやおもてなしの心というのは、意識しなければ育たないものです。サービスの概念や心構えを学ぶことで、それらを意識することに繋がります。

 

サービス接遇検定はどうすれば合格できるの?

サービス接遇検定は、お客さまへの応対の仕方、綺麗に見える身のこなし方や振る舞い方などの表現の仕方が見られます。その他にもこの検定ではサービスに対する基本的概念などの基礎知識も必要になるので、知識面の勉強も必要です。

キャリエールのサービス接遇検定特講(特別講義)では、検定の合格を目指した講義を受けることができます。サービススタッフとして必要な資質、サービスの専門知識、社会的な一般常識などの知識が学べます。

更にサービス業ならではの接遇用語や、クレームや問題などに対処できるように顧客心理を理解した人間関係の対処方法も学ぶことができます。クレームの内容に合わせた対処法を学ぶことができるので、実務についてからも「問題を良い方向で解決できる人」になることができます。この授業を受けることで、過去の事例を通じて問題を対処できるようになり、話し方や振る舞い方など、社交的な能力を身につけることができます。

キャリエールでは1年次に3級の合格を目指し、そして2年に上ってから2級、1級と更に上の検定合格を目指していきます。

 

サービス接遇検定は接客業全てに活かせる!

サービス接遇検定は接客をする上での基本的なことを学び、身につけることで合格を狙えます。昔は、接客業にそれほどスキルは求められていなかったそうです。しかし最近では、外国からの観光客もたくさんいらっしゃったり、多様なお客様への対応が求められるようになってきました。だからこそ、この先接客業を目指す人は、これまでよりも高い接客スキルが求められるのです。特に、言葉やジェスチャーでのコミュニケーションは、人間同士にしかできないものです。

この検定に合格すれば、どの接客業に就くにしても有利に働きます。特にホテルスタッフやブライダル業界など、高い接客スキルが求められる場所で働くのであれば、この検定合格に向けて学んだことを、十分に活かすことができます。ホテルではスイートルームなど高級なお部屋に泊まるお客さまの接客や、外国人観光客の接客など、様々な立場のお客さまへの対応が求められます。ホテルは心安らぐ、接客力が高いところというイメージを崩さないためにも、働く前に接遇マナーなど接客の基本を身に付けておきたいですね。

参考記事

https://www.kyoto-carriere.ac.jp/license/service/

https://onsuku.jp/blog/service_002