ホテルコンシェルジュは、どうやったらなれる?

ホテルコンシェルジュへの道のり

ホテルコンシェルジュになりたいユミ(仮名)です。

コンシェルジュを目指して日々キャリエールで学んでいます。ホテルコンシェルジュは、色んなことが求められるから、勉強することがいっぱいなんです。

ホテルコンシェルジュって、何をする人?

ホテルコンシェルジュは、お客様の相談・世話役です。例えば観光の案内やレンタカーの手配、レストランの予約と、お客様の色んな要望に応えるのが仕事です。ホテルへくつろぎに来ているお客様や、仕事で来ているお客様の代わりに、必要なことを手配をします。

ホテルには色んなお客様が来ますから、それぞれのご要望に応えられるようにしておかないといけません。お客様が求めることに対して、例えそれが無理難題だとしても、「それはできないです」と言わないような工夫をするのも、ホテルコンシェルジュの仕事なんです。

他にもホテルでは、結婚記念日や、家族へのサプライズイベントを行いたいお客様の、協力することもあります。ときにはサプライズのプレゼントを急いで買いに行ったり、サプライズの演出を一緒に考ることもあるそうです。人を喜ばせるような演出を考える、創造力も必要になります。

お客様が旅行に行き、このホテルで「いい旅行だったな」って思ってもらえるかどうかは、コンシェルジュの対応力で決まるくらい、やりがいのある仕事です。

だからこそ、多くのお客様から感謝してもらえる仕事だと思います。

ホテルコンシェルジュになりたいと思った理由

私がホテルコンシェルジュになろうと思ったのは、好きな語学を活かしたかったからです。コンシェルジュは、お客様と一番近いところで関われる仕事だと思います。

ホテルには海外からのお客様もたくさんいて、色んな言語がホテル内を飛び交っています。コンシェルジュの仕事は、その海外からのお客様へ対応をしていきます。

私は、色んな語学を勉強するのが好きで、英語だけじゃなくて、中国語や韓国語も勉強しています。だから、色んな国の人と、仕事を通じて話せるのが楽しそう!って思うんです。

ホテルコンシェルジュになるには、何をどうやって学ぶべき?

ホテルコンシェルジュになるには幅広い知識やスキルが必要です。ホテルへの就職が決まっても、すぐにコンシェルジュの仕事ができない場合もあります。コンシェルジュを希望していても、最初はフロントやベルパーソンなどの仕事を任されたり、レストラン業務に就いたりと、色んな仕事を経験してから晴れてコンシェルジュを任せてもらえることが多いそうです。

だからコンシェルジュになるためには、ホテルの業務全般を学ぶ必要があります。

コンシェルジュに近づくため、ホテルの仕事に役立つ資格を持っておくのが良いかもしれません。資格が必須ではありませんが、資格を持っているということは、その業務について理解していることの証明になるからです。

ホテルの専門学校で学んでいると、知識だけではなく、技術も実践的に学べるので、資格に受かりやすいと思います。キャリエールでは、実技試験もあります。

資格取得のための対策授業がいっぱいあるから、資格検定試験の合格実績も全国TOPクラスです。

上級ホテルコースに入れば、コンシェルジュについて学べる授業や海外留学制度もあって、すぐに実践の場に活かせる形で学ぶことができます。コンシェルジュの道に、近づきやすいのではないでしょうか。

また、インターンシップもあって、実際のホテル業務を体験し、学びを得る機会もあります。

だからこそ、ホテル業務について知識だけじゃなくて、体で覚えられるんです。ホテルの基礎知識だけではなく、「おもてなしの心」やホスピタリティーについても学ぶことで、お客様の多様なご要望に応えられるコンシェルジュに、成長できるのではないかと思います。