ブライダルコーディネーターって?どうやってなるの?

ブライダルコーディネーターを目指す

ブライダルコーディネーターって言葉は聞いたことあるけれど、実際どんなことをする仕事なのか、わからないですよね。私も最初はどんな仕事かわかりませんでした。だから少しでも興味のある人に、ブライダルコーディネーターってこんな仕事だよ、ってことをお伝えします!

ブライダルコーディネーターってこんなお仕事

はじめまして。ブライダルコーディネーターを目指して勉強しているカオリ(仮名)です。

ブライダルコーディネーターは、新郎新婦を幸せに演出するための、プロデューサー的な役割です。ブライダルに関わる人達みんなと一緒に、一つのウエディングを作り上げていくのが、この仕事の楽しいところです。

新郎新婦の要望に応えて、式をコーディネートするのが仕事ですから、ブライダルコーディネーターはまず、新郎新婦のカウンセリングを行います。そこで聞いた要望に対し、ウエディングスタイルの提案から、式の内容や、会場を案内していきます。

結婚式って、本当にやることがいっぱいなんです。それをサポートするのが、ブライダルコーディネーターです。新郎新婦がどんなことを求めているのか、しっかりと要望に沿ったものにするためにどうすればよいか。ウエディング会場スタッフだけではなく、たくさんの人達とコミュニケーションをとることが大切なんです。

そう!ブライダルコーディネーターは、ウエディングに携わるたくさんのスタッフと、多くのコミュニケーションを取ることが、とっても大切。だから、話すのが好きな人にはもってこいのお仕事です。お客様である新郎新婦から聞いたことを、各スタッフへ正確に伝えて、求めるものを統括して演出していく、ウエディング全体の「まとめ役」でもあります。

ブライダルコーディネーターを目指してます!

私がこの仕事を目指すきっかけになったのは、親戚のお姉さんの結婚式に出席した時に「結婚式ってキラキラしていて素敵!」って思ったことです。私が感動したあの瞬間みたいに、「良い式になりました。ありがとう。」って新郎新婦さんに言ってもらえるような式を作りたい、そう思ったんです。

今の私の目標は、ブライダルコーディネーターとして、たくさんの新郎新婦の幸せな瞬間に立ち会うことです。そして心から「ありがとう」って言われるような式を作り上げたいです!

ブライダルコーディネータになるために、こんな勉強してます!

ブライダルコーディネーターになるためには、幅広いブライダルの知識が必要になります。それぞれのスタッフと連携を取るからこそ、各部門のことも分かっていないとできないんです。

だからこそブライダルコーディネーターになるために、私は今ブライダルのいろいろな基礎を学んでいます。特に今は、ABC検定(アシスタントブライダルコーディネーター検定)の合格を目指して、毎日たくさん勉強をしています。

ブライダルの準備の流れや、お客様と初めて会ったときの対応の仕方とか、実際にコーディネーターが行うことを学びます。これを勉強して検定試験に受験し合格を目指します。

他に授業では

  • ウエディングプランナー演習
  • セレモニープロデュース
  • テーブルコーディネート

などを勉強しています。

これは実践的に学べるから、実際にどんな風にやるかを体感できます。

例えばウエディングプランナー演習では、ウエディング当日に向けた、打ち合わせのスケジュールの立て方を学び、実演形式でやっていきます。実演形式だから覚えやすいですし、実技試験もあります。だから最初は「やることいっぱいで大変!」って思ったんですけど、学校で学ぶうちにだんだんとできるようになりました。

セレモニープロデュースでは、実際にクラスメイトとグループを作って、「式次第を作る」ことを学びます。それをプレゼンテーションしたりディスカッションしたりするから、本番もこんな風に新郎新婦さんは考えるのかな?とか、どう対応してあげるのがいいのかな?なんてその時のことを想像しながらできるので、真剣だけど楽しく取り組めちゃいます。専門の先生に教えてもらうから、本当の「練習の場」になります。

ブライダルコーディネーターになるために、特にコミュニケーションとプロデュースするための内容を勉強しています。みんなと一緒に学べるってすごく楽しいです。「あなたでよかった、ありがとう」って言われる日を夢見て、新郎新婦さんの気持ちも学びながら、日々勉強しています。