ホテルへ就職する前に知っておきたいこと!

ホテルに就職したい!と思っている方の中には、「ホテルでの仕事とは一体何か」と聞かれて、正しく答えられる方もいると思います。でも一般的には分かりにくいこともあるのではないでしょうか。今回はホテルで就職したいけれど、ホテルでの仕事が具体的に何をするのかわからない、就職するために必要なことがわからない人に、就職する前に知っておきたいことをご紹介します。

ホテルに就職する前に、業界について知ろう

ホテルで働きたいのであれば、まず「ホテルがどういう場所なのか」を知っておくことが必要です。

ホテルが宿泊施設であるということは誰もが知っていることです。しかし、一言で『ホテル』と言ってもホテルの形態には、実はさまざまなものがあります。

まず、ホテルの種類は

  • ◆シティホテル
  • ◆ビジネスホテル
  • ◆リゾートホテル

と分かれます。

 

そしてその中でも

  • ◆外資系ホテル
  • ◆高級ホテル

など、さらにいくつかの種類に分かれます。

 

ホテルごとにサービスの内容が違いますが、実際の仕事の内容もさまざまです。まずは、ホテルの種類によって、どんなスタッフが働いているかを知っておくことは、とても重要です。

それぞれのホテルにはどのような違いがあるのか、ホテルの業界の動向などについて、まずは勉強をしておくことが必要です。京都ホテル観光ブライダル専門学校では『ホテル業界研究』の授業があるので、ホテル業界のさまざまなことについて、詳しく学ぶことができます。

 

ホテルに就職するなら、接遇マナーを身につけよう

ホテルスタッフとして働くうえで一番大切なのが『接客』です。ホテルは接客業、サービス業の中でも、特に「質の高い接客スキル」が求められるところです。お客様としてホテル利用をしていればイメージつくと思いますが、ホテルスタッフは何をするにも丁寧に対応してくれませんか?礼儀作法、振舞い方、言葉使いなど、お客様を大事にしている様子がわかります。

ホテルスタッフとして働くのであれば、就職をする前に、接客力、接遇マナーを身につけておくことも必要です。もちろん、働き始めてから身につけることもできますが、就職してより短期間で自分の望む職種に就くためには、やはり学生のうちにある程度の接客スキルを身に着けておきたいですよね。

仕事を始めれば、仕事の内容を色々と覚えていかなければなりません。「新しいことを学ぶ」ことに集中するためにも、誰にでも等しく必要とされる「接遇スキル」は、専門学校に通う間に、その道のプロである講師からしっかりと教えてもらい、自分のスキルとして身につけておきたいですよね。京都ホテル観光ブライダル専門学校では『サービス接遇実務検定』の合格を目指すことができる、ホテルスタッフとして必要とされり接遇スキルを、就職前に身につけることができます。

 

ホテルに就職する前に、必要なスキルを身につけよう!

京都ホテル観光ブライダル専門学校では、ただ知識としてホテル業務について勉強するだけではありません。実技形式でホテルの仕事を身につけていくことができます。そのため、全くホテルの知識や接客経験がなくても、卒業する頃には即戦力として働けるほどの力をつけることができます。

学校内に本物のホテルのような実習スペースがあるので、実際に働いているような感覚で学ぶこと、実際のホテルスタッフの仕事を学ぶことができます。1年次には全員参加のインターンシップもあり、ホテルで実際にスタッフとして働くこともできます。

 

いかがでしょうか。

京都ホテル観光ブライダル専門学校では卒業までに平均7個の資格を取得するという実績があり、ホテル業務に必要な資格をたくさんとることができます。ホテルへの就職は、人柄だけではなく、働き始めたときに必要な知識や振舞いが身についているかどうかも、判断されます。資格を持っておけば即戦力として認められ、すぐに自分のやりたい仕事に就くこともできるかもしれません。

就職してから「あの時、ちゃんと勉強しておけばよかった」と後悔しないよう、就職をする前にしっかりと勉強をしておきたいですよね。楽しく仕事をするためにも、ホテルスタッフとして必要な、知識とスキルを学んでみませんか?