TOP

キャンパスライフブログ

総合旅行業務取扱管理者とは、旅のエキスパート!


旅行会社などに行くと、「総合旅行業務取扱管理者」という文字を見たことはありませんか?

これ実は「(ここには)旅のエキスパートがいます」という意味。名前は聞いたことあるけれど、一体何をしている人なのでしょうか。

今回は、総合旅行業務取扱管理者の資格をとるための方法から、この資格をとればどのようなことができるのかもご紹介します。

総合旅行業務取扱管理者はどのような資格?

この資格は旅のエキスパートであることを証明する資格です。

旅行業務全般の知識をもち、管理や監督をすることができるのがこの資格取得者の特権です。

例えば旅行に関する契約に関する事務作業や、旅行の企画作成など旅行に関する重要な仕事のうち、管理側の仕事をすることができます。もう一つ似た資格に国内旅行取扱管理者というものがありますが、この資格も同じように管理・監督の仕事ができます。

海外旅行を取り扱う旅行会社の営業所には、必ず一人以上の総合旅行業務取扱管理者の資格を持った人が、いなければならないと定められています。将来、海外旅行に関する仕事に携わりたい人には、必須の資格となっています。

 

総合旅行業務取扱管理者の資格をとるには、どのような勉強をすればいい?

この資格は海外旅行や、海外での仕事ができるほどに、「旅全体のエキスパート」として認められるものです。実際に資格をとるには、

  • 海外実務
  • 出入国
  • 国際航空運賃
  • 海外観光地理
  • 観光英語

などについて勉強する必要があります。

国をまたいでの旅行になると、出入国審査などの手続きについての勉強が必要です。日本人が海外を出入国する際と、海外の方が日本を出入国する際には、実は手続きの内容も違うところがあるのです。それらの違いも含め、様々なシーンで必要となる仕事内容を覚えておかなければ、海外旅行を取り扱うことはできません。

例えば、国際航空運賃の計算方法など、自分でも計算方法を理解し、お客様にも説明できるレベルになるまで勉強します。海外での旅行となると、特に旅行者はツアーとはいえ不安がつきものです。

さらにこの資格試験では、語学力も問われます。一般的な英語ではなく、観光に特化した英語が必要とされます。

国内とは違い、海外旅行を取り扱う際には守らなければならないことや、世界各国でのルールがありトラブルがつきもの。これを回避するためには、様々な知識を身につけておかなければなりません。

このように、日本だけではなく、海外での旅行業務にも必要な様々なことができなければ、総合業務取扱管理者の資格取得は難しいでしょう。

キャリエールでは、さまざまな事柄を項目別にわけ、授業で学びます。その後「総合管理者対策」の授業で実際に資格試験対策の問題集を活用し、試験合格を目指すことができます。

総合旅行業務取扱管理者を取得すると、どんなメリットがある?

この「旅行業務取扱管理者」は、旅行業界唯一の国家資格です。

旅行会社の各営業所に設置義務があるため、旅行業界から非常にニーズの高い資格といえます

もちろん就職活動をする上で、この資格が有利にはたらくこともあるでしょう。旅行業界へ就職するなら、その人のキャラクターも重要ですが、こうした資格取得を目指して勉強していたこと、その努力と結果を評価してもらえるかもしれません。

キャリエールでは、在学中に資格取得を目指すことができるので、自分の夢へと、一歩近づくことができるのではないでしょうか。