国内旅行業務取扱管理者とは何か?就職に役立つもの?

観光業に関する仕事に就きたいなら、ぜひ取得しておくべき「国内旅行業務取扱管理者」。

これは一体どのような資格なのでしょうか。

資格の内容と、資格をとるために必要なことをお伝えします。実はこの資格をとれば、観光関係で働く際にとっても役立つのです。

では一体どのように?

今回は国内旅行業務取扱管という資格について、詳しく見ていきます。

国内旅行業務取扱管理者とは、どのような資格?

この資格は、国内旅行における企画やスケジュール管理など、旅行業務のすべてを管理・監督するために必要な資格です。旅行業界で働いて、長く活躍したいと考えるなら、この資格は必須です。

 

国内旅行業務取扱管理者になるには、何を勉強をすればいい?

国内の旅行実務に必要なことを勉強する必要があります。

キャリエールでは「旅行管理者対策」の授業があります。そこでは、航空券、貸切バスの運賃、JR運賃など、旅行で利用する可能性のある交通機関の種類や計算の方法など、実際に旅行時に取り扱う知識についてを勉強します。

さらに、「国内管理者」という授業もあり、ここでは大きくわけて次の5つのことを学びます。

  • 法令
  • 約款
  • JR運賃料金
  • 旅行実務
  • 観光地理

人々が安全に、安心して旅行をするためには、法令や約款を学んでおく必要があります。

約款とは、旅行契約のルールやお客様との約束ごとです。

契約の申込み方法から、解除・変更と実際に契約業務の行い方を勉強します。ほかにも、各種の手配の仕方など、実際の業務に必要な内容を知識として学びます。

また、旅行の管理者として観光についての知識を深めるために、地理への理解も深めます。

観光地において、お客様にとって最適なご案内をするためには、まず地理を理解しておかなければなりません。即座に案内ができたり、自分自身がツアーコンダクターとして添乗する際にガイドができなければなりません。また、観光地の所在地を知ることで、ツアープランニングができるようになります。こうしたスキルは旅行業界で働くにはとても役に立ちます。

国内旅行取扱管理者を取得するには、これら様々な内容について深い理解を得られるよう、学んでいくことが必要です。独学で勉強をするのは大変ですが、キャリエールの旅行学科では、授業のなかで検定対策を行い取得に向けてサポートをするので、全員が資格取得を目指すことができます。

 

国内旅行業務取扱管理者をとれば、即戦力になれる?

この資格をとっておけば、旅行会社の営業所で働くことができます。

「国内旅行業務取扱管理者」を取得しておけば、即戦力として現場で活躍することができますし「国内旅行のプロ」という自信をもって、お客様へ接客することができますね。

なかには、就職して働きながら資格取得を目指す人もいますが、学生でも大変な勉強なので働きながら勉強し合格するのは、非常に難しいことです。

そこで、専門学校在学中に資格をとっておけば、自分の希望する就職先への大きなアピール材料となります。

キャリエールでは、すぐに現場で活躍できる即戦力となるべく、在学中の資格取得をサポートしています。

1年生で国内旅行業務取扱管理者の資格を取得することができます。1人ひとりの学力に合わせて教員が指導をしてくれて、夢を叶えるまでのサポートが手厚いことが特徴です。