ほら、入学はこんなに身近です!

特待生・
奨学金

ホテル・観光・ブライダル。国際文化観光都市・京都で、“なりたい自分”を見つけたい!
そんなあなたの“やる気”に、京都ホテル観光ブライダル専門学校はさまざまな支援体制を整え、
しっかりとサポートしています。

教育訓練給付金

特待生制度授業料免除

在学期間、毎年給付で“がんばる人”をサポートします。

特待生[返済不要]

授業料全額・半額・30万円・20万円・10万円のいずれか
(給付期間は1年間)

奨学生制度

返済一切不要!いろんな状況に応じて応援!

AO入学奨学金[返済不要]

5万円免除!

あなたの学ぶ意欲を応援します!
AO入学選考に出願された方が対象です。

資格認定奨学金[返済不要]

最高 10万円支給!

資格を活かした仕事をめざす人を応援!
本校が指定する資格・検定に合格している方が対象です。

自宅外通学生奨学金[返済不要]

最高 20万円支給!

やっぱり京都で学びたい!
自宅からの通学が困難な人を応援します。

再進学サポート奨学金[返済不要]

最高 50万円支給!

もう一度勉強したい、今からでも遅くない!
高等学校を既に卒業している人の再進学を応援します。

同窓生ファミリー奨学金[返済不要]

5万円支給!

母校との"絆"に応えます!
2親等以内の家族が、京観・大和学園グループの卒業生・在校生の方が対象。

学生奨学寮制度[返済不要]

減免額76万円

学生寮利用者を対象に寮費の一部を減免します。

特待生・奨学生申請提出書類

応募の際は必ず全て提出してください。1つでも不備があれば採用されませんのでご注意ください。

提出方法 必要書類 備 考
WEB ①特待生・奨学生制度 応募申請書 本校規定のもの。
※WEB出願フォームから申込みいただきます。
郵送 ②高等学校の調査書または
最終出身校の学業成績証明書
高等学校の調査書は入学願書送付時に同封の書類で代用可。
③家庭の中で所得がある方の
源泉徴収票または所得証明書
原本もしくはコピー。本人が社会人の場合、本人の源泉徴収票または所得証明書もご提出ください。
※マイナンバーが記載されていないもの。
④資格・検定合格の証明書
( 資格認定奨学金の申請者のみ)
該当の資格・検定合格を証明する書類のコピー。

※特待生・奨学生制度応募申請書の記入上の注意

特待生・奨学生制度応募申請書は、選考上の大切な資料ですので、申請時の状態で事実をありのままに記入してください。記入すべきことが書かれていない場合や判読しにくい場合など、申請書に不備があるときは選考から除外します。また、内容が事実と相違して記入されている場合は、採用後でも給付を取消しますので、正確に記入するよう注意してください。

  • 採用になった場合

    1. 奨学金給付決定通知書および誓約書を送付します。
    2. 誓約書は、必要事項を記入のうえ、指定された期限までに提出してください。理由なく期限までに提出されない場合は採用を取消します。
  • 不採用になった場合

    不採用通知書を送付します。

  • 特待生・奨学生の心得

    大和学園奨学金給付規程、学則等を守るとともに、特待生・奨学生として勉学に励む必要があります。

  • 特待生・奨学生の資格取り消し

    次の各項目に該当する場合は、特待生・奨学生の資格を取り消します。

    1. 提出書類に虚偽の記入が認められたとき
    2. 退学、停学、留年が確定したとき
    3. 学業成績が不良となったと認められるとき
    4. 奨学金の給付を辞退したとき
    5. その他奨学金給付の目的に達する見込みがなくなったと認められたとき
    6. 国の高等教育の修学支援制度(P12参照)に採用されたとき

国や提携金融機関の奨学金&教育ローン

国の修学支援制度(高等教育の無償化について)詳しくはこちら

学びたい気持ちを応援します。
専門学校での学びを支える法律が成立しました。

日本学生支援機構詳しくはこちら

在学中、毎月支給

国の教育ローン詳しくはこちら

年利1.68%(2022年1月時点)の低金利!返済も長期

教育訓練給付金詳しくはこちら

受講料最大80万円+α給付

近畿労働金庫詳しくはこちら

通常より低金利!

その他の教育ローン詳しくはこちら

手続き簡単!学費クレジット

京都私学振興会奨学金・その他外部奨学金詳しくはこちら

京都府や滋賀県など地方奨学金や外部団体の奨学金

その他

本校では入学後、家計が急変した方への支援として下記の奨学金をご紹介しております。

新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変した方への支援(日本学生支援機構) 詳しくはこちら

緊急採用・応急採用
(日本学生支援機構) 詳しくはこちら

「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』(文部科学省) 詳しくはこちら